ボトックス注射を受けて小顔をゲット【仕組みを事前にチェック】

小顔で可愛いを作る
注射

安心・安全な施術のために

ボトックス注射による小顔治療を受ける時、その効果を大きく左右するのはクリニック選びです。認可を受けたアラガン社製のボトックスを使用しているか、施術にあたる医師に充分な技量があるか、リスクや料金の説明が明確かを基準にして選ぶと良いでしょう。

もっと見る

エラが小さくなる仕組み

顔を触る人

筋肉は使わないと減る

ボトックスはシワや多汗症の治療に使用されますが、小顔効果もあることで知られています。なぜシワ取りに使う注射で小顔になれるのか、疑問を感じる方がいるかもしれません。その理由は、ボトックス注射が筋肉を痩せさせる作用を持っているためです。美容整形で小顔にするためには、大きく分けて3種類の方法が考えられます。骨格自体が大きい方には、骨を削って輪郭を縮小する手術が用いられます。多量の脂肪がついている方には、脂肪吸引や脂肪溶解注射が適しています。ボトックスは筋肉が発達してエラが目立つ方に向いている施術です。物を噛むときに使われる咬筋が発達していると、顔の横幅が広がって大きく見えてしまいます。そういう場合には特にボトックスで小顔効果を期待できます。自分がどのタイプか考えて施術を選ぶことが大切です。もちろん複数の施術を組み合わせて、より大きな小顔効果をもたらすことも可能です。ボトックスはボツリヌス菌という細菌が産み出すタンパク質の一種で、筋肉の動きを緩慢にする働きがあります。筋肉は使えば使うほど太く強くなり、使わないと次第に痩せていきます。ボトックスを咬筋に注射すると、3日〜1週間ほどで筋力が弱くなり、活発に動かなくなります。このとき硬い物を噛みにくくなったりすることがありますが、他の筋肉が顎を動かすので、食事ができなくなる心配はありません。1週間ほど経過すれば、違和感もなくなってきます。そして1〜2か月ほどで、使わなくなった咬筋が痩せていき、顔が小さくなるという仕組みです。ボトックスの効果は、半年〜1年ほどでなくなると言われています。一度痩せた筋肉が簡単に元に戻ることはないので、ある程度の小顔効果は継続しますが、強く歯を噛みしめる癖のある方は、比較的早く元に戻ってしまう場合があります。そのようなときは再び注射をすることで、効果を長続きさせられます。半年ごとに5〜6回ぐらい注射をすれば、筋肉の痩せた状態が定着しやすいとされています。小顔ボトックスの効果を十分に発揮させるためには、適切な位置に注射することが重要で、医師の技術力が求められます。ピンポイントに咬筋を弱め、他の筋肉に影響を及ぼさないことがポイントになります。通常は少量の薬剤を数か所に分けて注射しますが、まとめて1か所に注射する方法もあります。なお施術を受けた直後は、薬剤が周辺部分に拡散するのを防ぐため、エラをマッサージしたり入浴で血行を良くしたりすることは避けてください。

婦人

無理を通す整形治療

ボトックスは、小顔を目指す人に人気の高い整形治療です。実現性や安全性の高さ、時間がかからないことなど、人気となった要因はたくさんあります。本来であれば難しい小顔があっさり叶うため、不可能を可能にする治療だと言えます。

もっと見る

カウンセリング

見た目バランス

自分では落とすことの出来ない、筋肉のハリにボトックスでアプローチすることで、綺麗な顎のラインを手にいれて小顔になれます。価格も高すぎずで日常生活への影響も少なく、手軽に利用しやすい美容整形の治療です。

もっと見る

医者

気になるエラをシャープに

ボトックス注射は、エラ部分の筋肉にボツリヌス・トキシンを注入して小顔効果を得る美容医療術です。日常生活に影響なく、自然に顔やせしたような小顔効果を得られるので、忙しい人でも手軽にフェイスラインを整えることが出来ます。

もっと見る