マンション経営を成功させるコツ|信頼性の高い業者選びが重要

メリットを知っておこう

アパート

資産運用の手段の1つとして投資用マンションを保有するという方法があります。投資用マンションとは賃貸することを目的としたマンションであり、保有している間の家賃収入が収益となります。少額のものであれば数百万円で購入することができ、主要都市の中心部であればワンルームマンションで1000万円から2000万円が相場となっています。投資用マンションのメリットはいくつかあります。まずは安定した収入が発生するということです。家賃収入は毎月発生します。そのため、投資用マンションを1戸持てば、毎月、給料とは別に数万円の手取り収入ができることになります。2つ目のメリットはインフレーションに対する備えができるということです。インフレーションとは、物価が上昇する経済的期間のことをいいます。不動産は物価の上昇とともに価格が釣り上がっていく傾向があります。現金はその額面金額がインフレーションにより変わることはないので目減りすることになります。インフレーションが起こると予想する時期に投資用マンションを持つことで、資産の目減りを防ぐことができます。3つ目のメリットはローンを利用できるということです。ローンを利用すれば、自分が保有している資産以上の運用を行うことが可能となります。そのため、効率的な運用ができるようになります。もしも、定期預金や国債での運用で利益を上げられずに悩んでいるようであれば、投資用マンションを買うことをお勧めします。